ハイリターンな投資のリスクについて

オルタナティブ投資には、金融派生商品以外にも、種々のものがあります。

種類を見る

オルタナティブ投資は、主要な投資としているもの以外に、選択するものですが、種類にも、色々なものがあります。
代表的なものでは、このサイトで取り上げる金融派生商品ですが、それ以外にも、いくつかのものがあります。
まず、未公開株式があります。
これは、上場前に株式とも言え、種々の取り決めの元に取引がなされているようですが、投資家であっても、購入が可能なようです。
また、証券化商品というものがあります。
これは、有価証券化した投資対象の商品を意味しています。
さらに、不動産も、オルタナティブ投資の一種となるようです。
近年では、国内不動産ばかりでなく、海外にも注目が集まっているようです。
不動産価格が日本より低めでありながらも、信頼がおけるものに人気があるようで、数年前であれば、ハワイの物件が日本の投資家に人気があったようです。
今でも、海外不動産に投資をし、リスク分散を計っている人も、たくさんいるようです。
また、オルタナティブ投資は、リスクヘッジの意味もあり、金融派生商品と類似したもので、商品先物があります。
これは、金や銀などの鉱物、あるいは、コーヒー豆などの農産物が取引対象となっています。
しかし、金融派生商品と類似しているため、投資対象の市場は、主要市場とは別となっています。
差金決済取引で、証拠金制度とレバレッジがあり、仮にFX経験があれば、理解のしやすい投資でもあるでしょう。
以上、オルタナティブ投資の種類となっていますが、この他にも、ETFなどのものがあり、今後も色々なものが誕生して行くのかもしれません。
共有する
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加