ハイリターンな投資のリスクについて

商品先物は、金融派生商品の一種とも考えられ、東京や大阪などに取引所があります。

商品先物が代表

日本の歴史の中で、最も古い投資と言えば、商品先物になるようです。
江戸時代の大阪に市場が形成され、当時は、米取引のリスクヘッジのために運用されていたようです。
近代的な仕組みは、ヨーロッパ発のようですが、似たようなシステムが日本にあったことは、実に興味深いことと言えるでしょう。
そんな商品先物もまた、オルタナティブ投資の一種と見られています。
今日では、米の商品先物はありませんが、投資家から見れば、金融派生商品の一種ともなっています。
類似しているため、証拠金制度とレバレッジがあり、業者に担保となるような証拠金を積むことで、取引ができるようになります。
しかも、レバレッジを効かせれば、少ない証拠金でも、多額の取引が可能となり、商品先物では、個人投資家であっても、100倍などを選べるようです。
収益にも損失にも反映されるため、ハイリスク・ハイリターンの投資でもあります。
けれども、元々リスクヘッジを狙って創設された経緯があり、それを念頭にした投資が主要な目的のようです。
FXなどと同様、金融派生商品であっても、取引日を決めるようになります。
これは、江戸時代でも行われていた米の商品先物と同様です。
そうは言っても、商品先物は、先にもお話したように、ハイリスク・ハイリターンの投資です。
そのため、決して投機としないようにすることが、大事でしょう。
なお、日本の商品先物は、三大都市圏に取引所があります。
東京、大阪、名古屋が良く知られた取引所のある都市となっています。
共有する
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加