ハイリターンな投資のリスクについて

金融派生商品と言えば、今の時代であれば、FXが最も代表的なものかもしれません。

今ではFXも入る

金融派生商品と言えば、今では、FXになるでしょう。
Foregn Exchangeの略称であり、日本語では、外国為替証拠金取引となります。
通貨ペアに投資するもので、元になる市場が、外国為替相場となっています。
商品先物のように、証拠金制度とレバレッジがあり、差金決済取引によって損益が発生します。
損失が行き過ぎれば、強制決済となります。
また、為替差益と金利差益が収益方法となっています。
さらに、今では、店頭と取引所の2種類のFXがあります。
店頭とは、業者が行っているもので、専門業者もあれば、証券会社も運用しています。
取引所に関しては、東京と大阪にあり、店頭と異なり、税制優遇措置の対象です。
比例課税方式であり、なおかつ、取引所主催の商品先物との損益計算が可能です。
これだけでも、分散投資化がなされ、オルタナティブ投資の特徴も有していると言えるでしょう。
けれども、商品先物と同様、ハイリスク・ハイリターンの投資の一種でもあります。
証拠金制度とレバレッジがその根拠とも見なせるかもしれませんが、見方を変えれば、株式などのリスクヘッジにもなり、基本的には、短期的な投資の一種ともなっています。
なお、FXと比較されるものに、外貨預金があります。
共通点は、外貨を利用した投資であり、為替変動に大きな影響を受けます。
しかし、FXが短期型なら、外貨預金は長期型です。
オルタナティブ投資に関係なく、外貨投資として、お互いに分散投資している人も、数多くいるようです。
共有する
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加