ハイリターンな投資のリスクについて

CFDは、差金決済取引であり、金融派生商品として、多くの投資家が取引に参加しています。

CFDも忘れてはいけない

金融派生商品は、商品数の多さでも知られています。
それだからこそ、オルタナティブ投資としても、利用できると言えるのでしょう。
アメリカでは、保険商品もデリバティブ化され、金融派生商品の幅の広さを垣間見るようです。
そんな金融派生商品の中でも、CFDは非常に数が多いことで知られています。
一説によれば、数百に上ると言われ、市場があれば、あらゆるものが、金融派生商品になるのかもしれません。
そんな品数の多いCFDは、差金決済取引を意味し、株や債券などが対象となっています。
株の中で、平均株価指数にスポットを当てたものもあり、毎日のように指数などがニュースで流れるため、情報をニュースしやすいかもしれません。
CFDの特徴も、ほかの金融派生商品と変わりはありません。
たとえば、証拠金制度とレバレッジがあり、証拠金以上の取引が可能です。
もちろん、損益もレバレッジに基づきます。
あるいは、24時間取引が可能であり、なおかつ、インターネット取引のみ、行われています。
今では、店頭のみならず、取引所も、CFDを行っている時代であり、株価指数のみとなっていますが、自由で公正な市場形成を目指しているようです。
さらに、CFDの中には、金利収益を見込めるものもあり、その点もまた、魅力の一つとなっているのかもしれません。
なお、FXは、正確にはCFDの一種のようです。
外国為替相場を元とした金融派生商品のため、別個の投資のようになっていますが、投資方法が同じようであり、その点でFXがCFDであることの証明ともなっているのかもしれません。
共有する
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加